お知らせ

トップページ >> お知らせ >> 「牧野郷」デビュー 山古志の牛の角突きで長岡開府400年をPR

「牧野郷」デビュー 山古志の牛の角突きで長岡開府400年をPR

【更新日】17.05.17
5月4日(木・祝)、好天に恵まれた山古志地域で、今年の「牛の角突き」初場所が行われ、多くの人で賑わいました。
来年の長岡開府400年にあわせ、越後長岡藩主牧野家の名を冠した角突き牛「牧野郷」がデビュー。迫力ある角打ちで多くの観客を魅了しました。「牧野郷」は闘牛で有名な鹿児島県徳之島で活躍、今年新たに仲間に加わりました。
闘牛場には「長岡開府400年」ののぼりが立ち並び、山古志地域を挙げて開府400年ムードを盛り上げていました。
「牧野郷」(牧野家の郷)という命名からは、種苧原・虫亀・蓬平など、かつて二十村郷と呼ばれたこの地域が、元禄年間の村替えで幕府領となるまで、長岡藩の領地であったことが偲ばれます。

  • (右)牧野家17代当主 牧野忠昌氏

  • (右)牧野郷
長岡開府400年記念事業実行委員会
事務局
長岡市政策企画課開府400年記念事業推進室内
〒940-8501 新潟県長岡市大手通1丁目4番地10
©長岡開府400年記念事業実行委員会

ページの先頭へ