長岡開府400年とは

トップページ >> 長岡開府400年とは

譜代大名・牧野忠成公が長岡城主として越後長岡に入封したのは、元和4(1618)年。
この年が、藩祖・忠成公による長岡開府の年とされ、
平成30(2018)年は、長岡開府から400年の節目の年です

一家の基礎は初代にあり、一社の基礎は創業者にありといわれます。
長岡藩一藩の基礎である長岡藩風は、
藩祖・牧野忠成公によって築かれ、培われました。
戦国時代を生き抜いた三河武士の威風を汲む
「常在戦場」の精神は、幕末までの250年間、
長岡藩を律する精神的規範すなわち藩精神となりました。

長岡開府以来、江戸時代をとおして250年間、
譜代大名・牧野家が長岡藩を治めました。
この歴史が長岡のまちに残したものはきわめて大きく
「常在戦場」の藩精神は、明治維新以降も、近代長岡の市民性に
深く根をおろすものとなりました。
それはときに長岡人特有の「負けじ魂」となり、
戦災や自然災害に立ち向かう「復興の精神」となり、
また、未来市民への投資である「米百俵の精神」となって、
いまなお長岡のまちを支えています。

水島爾保布画「昔の長岡十二ケ月の中 正月 元旦年賀登城」(長岡市立中央図書館所蔵)
開府400年となる今、みんなでまちのルーツを探り、故郷への愛着と誇りを高めましょう。
そして、次代のまちづくり・ひとづくりにつないでいきましょう。 長岡の風景
ロゴマークについて
ロゴマークについて
写真で見る長岡開府300年
写真で見る長岡開府300年
長岡開府400年記念事業実行委員会
事務局
長岡市政策企画課開府400年記念事業推進室内
〒940-8501 新潟県長岡市大手通1丁目4番地10
©長岡開府400年記念事業実行委員会

ページの先頭へ